Top Page › 自分のなりたい人間 › テレビとか雑誌とかネットとか
2021-10-22 (Fri) 12:02

テレビとか雑誌とかネットとか

その情報を嘘と知りながら広めるのは罪ですが、心から信じて良かれと思って他の人に伝えようとするのも・・・残念ながらやはり罪ですね。

「無知は罪である」という古代ギリシアの哲学者ソクラテスの言葉があります。

自分自身を振り返っても「無知は罪」と恥じいる場面が沢山あります (^-^; 

一時期は陰謀論にはまり込んだ覚えがあります💧

薬は「百害あって一利なし」と思った時期もあります💧

でも、関節の炎症を起こして痛みに苦しんだ時は、迷わず痛み止めの注射をしていただき、消炎鎮痛剤に救いを求めました。

炎症と痛みを取り除いてから、お得意(?)の手技療法で整えます。


自分が信じて、ひと様にも良かれと思った情報でも、今一度精査して、読んでくださる方に考える余地を残して文章にすることが大切だと思います。

インフォマーシャルなどで画面の片隅に小さな文字で出る「個人の感想であり、効果・効能を保証するものではありません。」という文言でも常に入れておきましょうか?😆

最も真実を報道すべきニュース番組で、街頭インタビューに答える人が幾つもの場面で同一人物であったり(作り手に都合のいいコメントをする番組仕込みの人物)、報道したい事柄だけ報道して、報道したくない事はしないといったような既存のメディアに大人の勝手な事情や嘘が多くてほとほと嫌気がさして、ネットに救いを求めてきたはずが、ネットも虚実ない交ぜであったという事実💧

「◯◯は正義」という言葉が嫌いな私ですが、「賢さは正義」だけは使うと決めた‼︎

今からでもちょこっと賢くなろうっと( `•ω•´ )୨


ひと様のことを思って、ひと様を大切にすることは、結果として自分をも大切にすることになると思うのですよね。

ちょっと前までは広くて自由なネット社会と思っていましたが、自由には責任も制約もつきものでしたね。



Buster

Sunday(すてきなサンデー )





1977年、ピート(リードギター)、ケビン(ベース)、レス(ドラムス)、ロブ(リズムギター)の4人は、ベイ・シティ・ローラーズに続きイギリスからやって来ました。

ベイ・シティ・ローラーズはお兄さんでしたが、彼らは年齢が近くて(同年齢のメンバーがいたような気もします)、より一層親近感を覚えました。

短い期間でしたが、ベイ・シティ・ローラーズ、Buster、他にも沢山のイギリスの男の子達バンドに、10代の女の子達は熱狂しました。

今でもウキウキさせてくれます🎶

関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村
2021-10-22