Top Page › 自分のなりたい人間 › いい大人世代としては、さっさと片付けてしまいたい結婚問題
2021-10-22 (Fri) 18:31

いい大人世代としては、さっさと片付けてしまいたい結婚問題


眞子様の天皇皇后両陛下への御結婚の御挨拶ニュースを観ていて思ったのですが、

既存メディアの報道に対して、自分の意に沿う内容なら丸っと信じて、意に反する内容だと「これだから信用ならん」となるのは、あまりにも一貫性がなさ過ぎる(/-\)

眞子様のお相手の報道や親御さんの報道はメディアの主張通りなのでしょうか?

「疑わしきは罰せず」の精神なら、裁判沙汰も結果を見てから判断したほうが公正ではないでしょうか?

海の王子の学生時代の写真も見ましたが、普通に青春を謳歌するいまどきの若者といった感じでした。


「皇室の縁続きになるのだからそれなりの人物を」と言うならば、それは眞子様の御両親がその意識を持たれてお育てになれば良かったという事に尽きます。

その意識を持たれていたのなら、皇室には元華族・津軽家伯爵令嬢の常陸宮妃華子殿下、元伯爵の血を受け、内閣総理大臣・吉田茂氏が祖父であり、第92代内閣総理大臣麻生太郎氏が兄である寬仁親王妃信子殿下、香川県の旧家・鳥取家の御才女、高円宮憲仁親王妃久子殿下、他にもそうそうたる良家に縁続きの元皇族、元華族の御歴々がおられるのですから、高円宮家のお嬢様おふたりが嫁がれた時のように、文句なく国民から祝福された御婚礼となった事でしょう。

秋篠宮御一家の御家族として、あえて皇后陛下と上皇后陛下の御血筋は書くのを控えました。皇后陛下は皇室に入られたことに納得の御家系です。こう見るとやはりある程度のバランスは重要だと思います。皇后陛下は他の宮家の皆様とお話も弾むのでしょう、和やかな友好関係を築かれているご様子が皇室番組でも見てとれます。

こんな環境にお育ちになった眞子様ですが、若いおふたりの馴れ初めは一般家庭と変わらぬ状況です。今さらこのおふたりをとやかく言うのは大人気ない気がします。もし物申すなら御両親に、と思います。


改めて、小室さんと眞子様おふたりの姿を見ると「お似合いだなぁ」と思います。

結局のところ、お互いに内面性や人間性の合った者同士が惹かれあったり仲良くなったりするという事でしょう。

約3年間、直接会えずにいた若いふたりが変わらぬ心で結婚を望むのだから、誰にも引き離せない。見知らぬ人間達がデモをしようが、矢が降ろうが誰にも止められない。

しかも、ときの天皇陛下が御裁可をくだされたくらいですから、秋篠宮御夫妻も喜び祝福されていたわけです。あの時から御結婚はハッキリと決まっていたのです。

国民だって祝福とまではいかなくても、本当は野暮は言いたくない‼︎

何年か後になって、おふたりの結婚が「色々あったけど結果は良かったね」と国民が安堵するように、おふたりが幸せになられたら良いのだ‼︎ 自分で決めた道だものね。

先々のことを今語ったところでどうにもなりません。さっさと区切りをつけて先に進めてください・・・というのが本音中の本音です。

今この結婚問題で皇室は要らないなどと言う人もいますが、日本人としては「聞き捨てならん」です。

このスッタモンダを引き起こしているのはどなたですか?何でもかんでもまとめて言わないでください。十把一絡げで語るのは間違いの元です。



Journey

Open Arms






スティーヴ・ペリーの歌声と巧みな歌唱が相俟って、ドラマチックに仕上がっております(‘-’*)💖

関連記事
スポンサーサイト



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村
2021-11-14